自分で廃車の手続き

トヨタのセリカを廃車しました。
1999年の年式で長く乗っていたので、今まで故障もありましたが、そのたびに修理して頑張っていたしたが、
とうとうガタがきたようで、動かなくなりそのままだと自動車税だけ無駄にはらうだけになってしまうのが分かり、名残惜しかったですがすぐに廃車することになりました。

また、いろいろ調べたところ、車を廃車するにも、
ディーラーに頼んだりすると数万円は余計にかかることがわかったので、自分で調べて廃車の手続きをおこないました。

まず、ナンバープレートを取り外すのですが、ナンバープレートは何回か付け替えた経験があるので、そんなに手間がかからなかったです。
やり方はネットにも沢山のっているので、分からない人でも調べればすぐにできるとおもいます。

次に解体業者に車の解体を依頼し、解体してもらいました。
解体業者さんからのちの陸運支局の手続きで必要になる解体報告記録日をきちんと聞き、書類等はしっかり管理するようにオススメされました。
いろいろ手続きで、手間取るのが嫌だったので、書類は一通り調べて揃えました。
必要な書類自体は印鑑証明など市役所ですぐ発行してもらえるようなものや、陸運支局でそろえられる書類なので、順序良く行けば面倒なことはありませんでした。

もう二度と乗れないと分かっていたので、一時抹消登録ではなく、永久抹消登録を行いました。
書類も揃えて、申請書などをかくだけだったので、申請はすぐにすることができました。

自分でやるといろいろ面倒なことがあると思いがちですが、
きちんと準備すれば、すぐに廃車の手続きは自分でもできることがわかりました。